国際水泳リーグ(ISL)情報 by ABsports

2021年3シーズン目を迎えた国際水泳リーグの速報・試合結果などの情報を日本人選手中心にお伝えします。

第10戦終了後の順位-東京フロッグキングスは第11戦へ

国際水泳リーグ(ISL)2021は、レギュラーシーズン第10戦が終了しました。

第10戦を終えて東京フロッグキングスは8位となりました。

プレーオフ進出をかけて次回、第11戦に登場します。

 

国際水泳リーグを見るには

これまでの日本人選手出場成績

 

<第10戦終了後の順位>

1位 エナジー・スタンダード 16ポイント プレーオフ確定

2位 カリ・コンドルズ 15ポイント プレーオフ確定

3位 ロンドン・ロアー 13ポイント プレーオフ確定

4位 トロントタイタンズ 12ポイント プレーオフ確定

5位 LAカレント 11ポイント プレーオフ確定

6位 アクア・センチュリオンズ 10ポイント プレーオフ確定

7位 アイアン 8ポイント

8位 東京フロッグキングス 6ポイント

9位 DCトライデント 5ポイント

10位 NYブレイカーズ  4ポイント

 

レギュラーシーズンはまず10戦行われ、各チーム4戦ずつ戦います。

試合ごとに1位に4ポイント、2位に3ポイント、3位に2ポイント、4位に1ポイントが与えられます。

まず、第10戦までの順位で6位以上がプレーオフに進出します。

そして、最終11戦で7~10位のチームが戦い、最終11戦の上位2チームを加えた、合計8チームがプレーオフに進みます。

東京フロッグキングスは、第11戦に出場するチームの中では上から2番目の順位のため順当にいけばプレーオフ進出が期待できます。

しかし、一つ下のDCトライデントとはレギュラーシーズンで直接対決がありません。

第10戦で東京フロッグキングスはアイアンに対して下の順位でした。(アイアンが2位で東京フロッグキングスが3位)

一方のDCトライデントは第5戦でアイアンを上回る順位だったのです。(DCトライデントが3位でアイアンが4位)

アイアンとの力関係を見る限り、DCトライデントの実力は東京フロッグキングスを上回っている可能性があり、第11戦も目が離せない戦いとなりそうです。

 

<第11戦>

DAY 1  9月29日(水) 20時~  テレ朝チャンネル2で放送

DAY 2  9月30日(木) 20時~ テレ朝チャンネル2で放送

 

国際水泳リーグ(ISL)はテレ朝チャンネルで東京フロッグキングス戦を放映しています。

CSテレ朝チャンネルスカパー!などで視聴できます。

 

www.tv-asahi.co.jp

 

本記事は以下の情報を参考にしています。

All ISL Match 10 Results By OMEGA